スマホ修理で大事なデータが消える可能性は?

修理に出すと必ずデータは消えてしまうのか

修理業者で対応に違い?

メーカーに修理に出した場合と、メーカー以外の業者に修理に出した場合とで、データ残り方に違いあるようです。

【メーカー修理】
修理に出す際、メーカーを選ぶ方、もしくは一般業者に出すという選択肢がない方が多いのではないでしょうか。
キャリアによっては来店しただけでポイントがたまったり、修理以外のサービスを受けられたりしますし、なんといっても安心ですよね。

しかし、メーカーの修理の場合、データが消える可能性が高いんです。
もちろん、故障の症状にもよりますが、データを消去して修理したり、本体を交換するためデータが消えてしまうということです。

【一般業者修理】
業者にもよりますが、データは極力消さない方向で修理が行われます。
スマホ内部の基盤さえ故障していなければ、電話やメールの着信ができる、アラームが鳴るなどの状態であれば、初期化を行わずに修理できることが多いようです。

【ケース別】データが残る可能性

「修理業者で対応に違い?」で紹介したように、一般業者ではデータを消さずに修理できる可能性が高いようです。
まず、着信やアラームが鳴る場合、液晶やボタン部分の故障といったケースではデータを消さずに修理できる可能性が高いようです。
また、バッテリーの故障や、元々バッテリーの減りが早かった場合も同様です。
次に、100%データが残るは言えませんが、水没や湿気による故障のケースもデータを消さずに修理できる場合があるようです。
他に、充電ができない、タッチパネルが反応しない、液晶の一部の表示の不具合や端末が起動できない、画面遷移が遅いといったケースも同様にデータを消さずに修理できるケースがあるようです。

上記に挙げたケースの場合、初期化をせずに修理ができるのだそうです。
故障の箇所がデータが保管されているパーツである場合もありますから、100%データが残るとは言えませんが、明るい兆しを感じますよね。


この記事をシェアする