スマホ修理で大事なデータが消える可能性は?

スマホのデータが消えたとき

自分でスマホ修理に挑戦!

スマホを修理に出すのはコストも時間もかかります。
そこで、故障の症状別に自分で修理を試みた方の例をご紹介します。

【水没】
・電池パックやSIM、SDカードなどはすべて取り出し、よく拭く。
【電源が入らない】
・電池パックを変えてみる。
・分解して他のスマホ(以前使っていたなど)と部品を交換してしまう。
【充電されない】
・差し込み口を掃除する。
【タッチパネルが反応しない】
・フィルターを合っている場合ははがす。
・手袋モードを解除する。

上記で紹介した例で直った方もいるようですが、直らないケースの方が多いようです。
また、修理に失敗してメーカーや業者に持ち込んだ際に、修理代が高額になるリスクもあり、あまりおすすめできません。

アイテムを購入して修理に挑戦!

スマホの液晶が割れた経験や割れた液晶を見たことがある方も多いのではないでしょうか。
実は、液晶を張替ることができるキットが売っているんです。
Amazonなどでも購入できます。
液晶はもちろん、張替に使う工具がセットになっています。
値段はだいたい1500円~3000円程度です。
ただし、あまり張替の成功率は高くないようです。
失敗したり、液晶は張替出来ても、そもそもタッチパネルの線に異常があったりすると、このキットではどうにもできません。

また、水没したスマホを復活させるツールもあるんです。
こちらは600円台~6000円くらいまでと幅広い値段です。
大きさ別に分かれており、値段も大きいサイズ用ほど高額です。
専用の袋に付属の乾燥材のようなものとスマホを入れておくだけの簡単な対処法です。
ただし、スマホの内部は乾けば直る部分ばかりではありませんから、100%直るとは言えません。


この記事をシェアする